baocamp blog

baocamp blog

2017年からキャンプを始めました。

【SHOP】お台場ヴィーナスフォートで掘り出し物キャンプギアを探してみた

f:id:t4o0m0:20180628014928j:image

みなさんこんにちは。baoです。

 

過去3記事かけて、
「WILD-1」デックス東京ビーチ店をレポさせていただきました。

 

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

今回は、「WILD-1」後のついでに立ち寄ったヴィーナスフォートにて、
「キャンプギアを売ってそうなお店」レポになります。

といっても結論から言うと真新しいものはなく、
ベテランキャンパーの方々や、おしゃれキャンパーの皆様からは
「そんなのもうとっくに知ってるよ!」と、お叱りをいただくかもしれません…

なので、温かい心で本記事を読んでいただければと思います。
ご存知の箇所は読み飛ばしてしまっても構いません。


f:id:t4o0m0:20180628014949j:image

さて、こちらヴィーナスフォートです。

「WILD-1」のあるデックス東京ビーチからは、
東京テレポート駅を挟んで反対の南側にあります。

ここにもLaoxがあったりして、外国人観光客の皆様で賑わっておりました。

 

ニトリ

f:id:t4o0m0:20180628015008j:image

まずはニトリです。

皆さんご存知のお値段以上のお店なのですが、
ガーデニングコーナーの並びにアウトドアコーナーがあります。

 

f:id:t4o0m0:20180628015211j:image

えらいこじんまりしています。

キャンプ、というよりかはデイキャンプまたはピクニック、BBQ用品
といったほうが正確かもしれませんね。

テントももちろんポップアップテントです。というか、サンシェードです。

さすがにこのギアたちを連れて、
本格的な2泊3日のキャンプは想像できません。
(どなたかYoutuberの方が試してみてくれると面白い気がするのですが)


f:id:t4o0m0:20180628015040j:image

ギアのラインナップも完全にピクニック用途ですね。
テーブル、イス、ソフトクーラーボックスなど、
緑系とブルー系のカラーの二種類で統一されているようですね。


f:id:t4o0m0:20180628015057j:image

最上段にある円柱状のおりたたみゴミ箱?的なものが気になりました。

木製のチェアやテーブルも扱っているみたいですね。


f:id:t4o0m0:20180628015116j:image

こちら、折りたたみコンパクトバーベキューコンロです。

や、安い!2000円切ってます!

実用性はちょっとよくわかりませんが
これって網とかはずして焚き火台としても使えるんじゃないかな…?


f:id:t4o0m0:20180628015137j:image

こちらのイスも1000円切っていて安いですね。

ただ大きさが、小さい子供用だと少し大きいし、大人だと少し小さいので
小学生のお子さん向けな大きさですかね。

柄はなんかColmanのインディゴみたい。


f:id:t4o0m0:20180628015152j:image

なんと木製3段ラックも売っていました。

コーナンラックに激似なのですが、横幅がちょっと狭いですね。
ただ、色合いがコーナンよりも渋いです。
どちらかというとCAPTAIN STAGに似てますね。

それにしても安いですね!

 

セリア

f:id:t4o0m0:20180628015230j:image

続いて100円均一ショップの「Seria」です。

baoが住む品川区には「Seria」ってあまりないんですよね…
だいたいが「キャンドゥ」か「ダイソー」なんですよね。


f:id:t4o0m0:20180628015248j:image

こちらがお店の入り口すぐ近くにあるアウトドア、
というか、ピクニック用品コーナーですかね。
なんだか寂しく見えますが。


f:id:t4o0m0:20180628015309j:image

ありました!

以下過去記事でも紹介した、キャンドゥの偽ミニスマイルランタンのセリア版です!
キャンドゥのものとちょっとデザイン、カラーラインナップは違いますが、
基本的にモノは同じみたいですね。

baocamp.hatenablog.com

 
f:id:t4o0m0:20180628015330j:image

そしてセリアで特筆すべきアイテムはこのステンレス製のお皿ですかね。
左側にあるロゴが入っているタイプのものが特におしゃれで素晴らしいです。
ピカピカではなく、ちょっとつや消し気味の感じが良いですね!

しかもこれなんと日本製なんです!燕三条


f:id:t4o0m0:20180628015348j:image

プラスチック製ではありますが、こちらのマグカップも絶妙な色使いで良いですね。
セリアの小物はなんといっても色のオシャレさでしょうね。

どぎつい原色のものが無いので安心して買えますね。


f:id:t4o0m0:20180628015403j:image

アウトドアコーナーとは真逆の、
お店の奥の方にあるガーデニングコーナーに行くと
様々なカラーリング、柄のウィンドスピナーがありました!

以前に比べるとその種類がだいぶ増えましたね。
100円均一で買ったほうがはるかにコスパ高いですね。

 

ヴィレッジヴァンガード

www.village-v.co.jp

書籍と幅広い雑貨を扱っているお店です。

ちょっと陳列具合がドンキっぽいのですが、
扱っている商品がどれもこれもマニアックなものばかり…

bao的にはとても大好きなタイプのお店です。

 

f:id:t4o0m0:20180628015503j:image

ミリタリー色、男色の強いサブバッグ、ウェストバッグです。
芸人のヒロシさんとかを連想させるアイテムですね。


f:id:t4o0m0:20180628015522j:image

MERCURYのバケツに、小物入れ用のストレージボックスを見つけました。


f:id:t4o0m0:20180628015544j:image

軍もののようなデザインです。
素材はプラスチックのようです。

f:id:t4o0m0:20180628015535j:image

開けるとこんなかんじ。

金属製ではないので、中に金属的なものを入れてもコレなら大丈夫そうですね。

bao家はまだミリタリー色はないのでいらないかな…本当はほしいですが。


f:id:t4o0m0:20180628015605j:image

こちらはMERCURYのキャンバスオーバルバケツです。
左には小さなバケツもたくさんありますね。


f:id:t4o0m0:20180628015734j:image

カラビナが取っ手になっているステンレスマグが雑に置かれてました。

どうやらネットでも買えるみたいですね。


f:id:t4o0m0:20180628015747j:image

床にもMERCURYのバケツが。
あとから気づきましたが、左にはなんとドローンが売ってますね。


f:id:t4o0m0:20180628015807j:image

レトロなタイプのLEDランタンも見つけました。

f:id:t4o0m0:20180628015823j:image

あれ?Colemanの付録つきの本を見つけました。
こんなの売ってたんですね。

Coleman BRAND BOOK BLACK ver. (バラエティ)

Coleman BRAND BOOK BLACK ver. (バラエティ)

 

 
f:id:t4o0m0:20180628015837j:image

サコッシュや、アウトドア向けのお財布などが置いてありました。


f:id:t4o0m0:20180628015854j:image

セリアとかダイソーとかでも見かける折りたたみコンテナです。
こちらのカラーリングはまたポップですね!


f:id:t4o0m0:20180628015909j:image

スキレットに最近流行っているホーローのマグカップなど。
なぜか写真ボケまくりです。


f:id:t4o0m0:20180628015924j:image
こちらにもマグカップがずらり。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ヴィーナスフォートには他にも洋服屋さんや文房具屋さんなどもあり、
おそらくそれらの片隅に、アウトドアに使えそうなギアも
ひっそりと置いてあるような気がします。

が、今回はヴィーナスフォートに行く前にデックス東京ビーチに行ってしまい、
体力的に限界だったためこの3店舗で打ち止めとしました。

特にヴィレッジヴァンガードはお店の特徴もあり、
ワクワクするようなウィンドウショッピングが体験できていいですね!

また、セリアのアウトドアグッズのクオリティの高さにも脱帽です。

これからも定期的にウォッチしていきたいと思います!

※「WILD-1」店内写真レポをご覧になりたい方はこちらへどうぞ↓

 

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】ギアが大幅値引き中の横浜マイクスへ急げ!(2018/7/30マデ)

f:id:t4o0m0:20180715230155j:plain

みなさんこんにちは。baoです。

横浜にある「myx(マイクス)」が、
とってもオトクなメンバーズセールを開催していたため、
急遽、偵察に行ってまいりました。今回はそのレポートとなります。
(※ちなみにステマではありません。)

セール期間は2018/7/13~7/30まで開催しているので、
まだ訪れたことのない方はぜひ一度訪れてみてください!

 

「myx(マイクス)」について

「myx(マイクス)」は横浜市神奈川区栄町にある、
横浜駅最大級のアウトドア専門ショップです。

正式名称は、
「GOOD OPEN AIRS myX(グッドオープンエアズマイクス)」
と言うそうです。

こちらが公式サイトになります。↓

f:id:t4o0m0:20180715235044p:plain

(※公式サイト http://www.goodmyx.com/ より)

アウトドアに関するものならなんでも取り扱っているようで、
車のカスタマイズなども行っているようですね。
(見た感じ、トヨタと組んでいるのかな?)

実はbao家は今回訪問するのが初でした。
しかも店舗の存在を知ったのも実は最近でした…

おそらくすでに関東首都圏のベテランキャンパーさんにとってみれば、
「WILD-1」に次ぐ超有名アウトドアショップかもしれません。

 

アクセスについては、
基本的には横浜駅から徒歩約10分」になります。
若干不便な場所にありますね…

自家用車をお持ちの方であれば、
店舗内の駐車場を利用することができます。

 

会員限定の「SUMMER SPECIAL SALE」

そんな「myx(マイクス)」ですが、
この7月に会員限定のセールをやるとのことでして、
ちょうど7月はキャンプシーズンオフ
キャンプ欲に飢えて死にそうだったbao家の一時的なカンフル剤として
今回行ってみることにしました!

こちらがその公式サイトのキャンペーンページです↓

f:id:t4o0m0:20180715233252p:plain

うーん、
どんなアウトドアギアがどんなお得な値段で売られているのか、
これではまったくわかりませんね。

噂によると20%-30%引きはあたりまえの世界のようでして、
こうなったらもう直接現地に行ってこの目で見てくるしかありません。

 

会員になるには?(2018/7現在)

ただここで気になることが一つ。

「会員限定なので、会員加入をして入会金等支払った上での値引きなのか?」
という疑問が湧いてきました。

公式サイトを確認してみましょう。↓

f:id:t4o0m0:20180716000124p:plain

(※公式サイト http://www.goodmyx.com/service/card.php より)

どうやら会員になるためには、
「マイクスカード」
を作らねばならないようです。

そしてなんと、「マイクスカード」発行についての費用は0円!
さらに「入会金や年会費なし」とのこと。

さらにマイクスカードについて、

  • 100円で2ポイント貯まる。
  • 毎月最終日曜日はポイント2倍
  • 1ポイント=1円での支払いができる。
  • 毎週木曜日は店頭表示価格より5%OFF(セール開催時は除く)
  • 駐車場料金が1時間20分無料サービス

と結構いろいろお得な要素が揃っているようです。

さらにこの「マイクスカード」には、
「ゴールドカード」というものがあるらしく、

  • 年度のお買い上げ総額が30万円(税別)以上でゴールド昇格
  • 毎月最終日曜日はポイント4倍
  • 駐車場のご利用料金無料
  • ご来店ごとにB1レストランクリックスにてソフトドリンクサービス

と普通の「マイクスカード」よりもレベルアップしているようです。

30万だと、初期キャンプギアを1年で買い揃えたら…
行くか行かないかの金額ですね。まさに

 

bao家は今回が初訪問なので、
「なにか欲しいギアがあったら、
その場で会員になって、
お得なセール価格で買ってしまおう!」
というスタンスで臨むことにしました。

 

いざ「myx(マイクス)」へ

f:id:t4o0m0:20180715230310j:plain

ではさっそく店内写真レポートの始まりです!

 

f:id:t4o0m0:20180715233637p:plain
(※公式サイト http://www.goodmyx.com/about/floor.php より)

 

アウトドアギアが密集しているのは主に1Fになります。

1Fは大きく3つのフロアに分かれており、
今回の写真レポートはこの「アウトドアギア」部分にフォーカスした内容となっています。

 

アウトドアギアコーナー

ここからは写真たちと駄文が続きます。
文章に興味がないかたは写真だけ流していただければと思います!

まずは左側の入り口から入店します。

 

f:id:t4o0m0:20180715231019j:plain

どうやら新しいキャンプ場がオープンするようですね。
テントサイトよりもロッジがメインなキャンプ場ですね。
ドッグランがとても広大なのが気になりました。

 

f:id:t4o0m0:20180715230801j:plain

アウトドアテーブルたち。
こうしてみてみると、「WILD-1」とはちょっと品揃えが違いますね。

最近流行りの木製のロールテーブルがとても多く、しかも20%引きです。
でもハイスタイルが多いですね。

 

f:id:t4o0m0:20180715230811j:plain

こちらもテーブルとベンチ、キャンプ椅子が
メーカー問わずズラッと並べられています。

 

f:id:t4o0m0:20180715230822j:plain

完全に試させる気のない置き方のコットたちと、
「WILD-1」でも見かけた、NEMOのハンモック的なキャンプ椅子。
座ってみましたが、やっぱり落ち着きませんでした(笑)

 

f:id:t4o0m0:20180715230901j:plain

こういうイス、昔よく海沿いの宿泊所とかで見ましたよね?
色はこんなモノトーンじゃなかったですが。

 

f:id:t4o0m0:20180715230937j:plain

男!な感じのコンテナたちです。
持ってみると意外と軽かったです。

 

f:id:t4o0m0:20180715231303j:plain

入り口では堂々とテントを2つ展示していたのは「ムラコ」。
国産のメーカーだそうです。

はじめ「m」だけだったんで、
なんていうブランド名かわかりませんでした。

www.muracodesigns.com

f:id:t4o0m0:20180715231315j:plain

ギアの色合いがモノトーンすぎて、
ファミキャンと言うよりもう男のソロキャン専用といった感じですね。

いや、とにかく男子から見たらカッコいいです!

 

f:id:t4o0m0:20180715231325j:plain

この中でちょっと気になったのが写真右上にあるペグハンマー。
これどうやって使うの?って感じの形状してました。

web.goout.jp

f:id:t4o0m0:20180715231334j:plain

こういうの憧れますが、

子供たちがファミキャンを卒業したらですかね。

 

f:id:t4o0m0:20180715231345j:plain

こちら3-4人用のテントです。

結構天井が高かったです。

 

そしてココからメインのキャンプギアコーナーです。

まずは入り口から右から左へあたりを見回してみましょう。

f:id:t4o0m0:20180715232023j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231908j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231920j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231930j:plain

ぱっと見るだけで、
「WILD-1」とは若干品揃えの方向性が違うなーという感じがしますね。

 

ここから先はずっと細々したギアの写真たちが続きます。

ちなみにこれ、すべて割引になりますからね!

ちょっとかわった「チラシ」だと思って写真の隅々まで見ていってください。

 

f:id:t4o0m0:20180715232342j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232352j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232402j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232413j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232422j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232432j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232444j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232455j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232506j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232517j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232527j:plain

テントコーナーです。

実はテント関連の写真はこの一枚だけですが、
ぱっと見ると得体の知れないテントが結構並んでいて、
しかもすべて20%割引です!

 

f:id:t4o0m0:20180715232536j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232546j:plain

このシェラカップは何の刻印もない無地で900円ほどでした。
もちろん割引がききます。

 

f:id:t4o0m0:20180715232556j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232610j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232621j:plain

CHUMSのシェラカップが無造作に積まれている…

 

f:id:t4o0m0:20180715232633j:plain

NEMO多いですね。

montbellなんてぜんぜん出てきません(笑)

 

f:id:t4o0m0:20180715232644j:plain

ギア、サンダルなどを入れるメッシュのバッグが雑然と置いてありました。

 

f:id:t4o0m0:20180715232654j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232704j:plain

真ん中の円柱状のものはハンモックです。おしゃれですね!

 

f:id:t4o0m0:20180715232714j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232723j:plain

これは何に使うんだろう…?

 

f:id:t4o0m0:20180715232733j:plain

今の季節の大事な見方、虫よけコーナーです。

 

f:id:t4o0m0:20180715232746j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232757j:plain

このCHUMSのコンテナほしい!
全種類欲しい!

 

f:id:t4o0m0:20180715232807j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232817j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232826j:plain

薪を持ち運ぶためのバッグだそうです。

 

f:id:t4o0m0:20180715232838j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232858j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232908j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232920j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232930j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232943j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232954j:plain

f:id:t4o0m0:20180715233005j:plain

f:id:t4o0m0:20180715233014j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231525j:plain

こんなソフトクーラー初めてみました。
もはやどこのメーカーのものかまったくわかりません。

 

f:id:t4o0m0:20180715231633j:plain

これらもクーラーなの、かな?

 

f:id:t4o0m0:20180715231547j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231535j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231706j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230548j:plain

サバイバルナイフコーナーですね。

 

f:id:t4o0m0:20180715230600j:plain

 

ここからはお買い得品コーナーです。

f:id:t4o0m0:20180715232149j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232201j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232211j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232225j:plain

手前の鮮やかなオレンジや青のケース、
子供の絵の具の水入れに使えそうですね!720円(値引前)でした。

 

ウェア・キッズコーナー

f:id:t4o0m0:20180715231143j:plain

ウェアコーナーです。

このテントはいったいどこのテントなんだ…??

 

f:id:t4o0m0:20180715231158j:plain

ウェアコーナー全景。
写真これだけです(笑)

 

続いてキッズコーナー。

f:id:t4o0m0:20180715230609j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230619j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230630j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230639j:plain

はい、これがキッズコーナー全景です。
手抜きですいません!

 

さいごに

いかがだったでしょうか?「myx(マイクス)」。

この記事を投稿しているのは2018/7中旬なので、
まだセール終了まではあと約半月残っています。

「普通の王道メーカーのギアよりも
ちょっと変わったメーカーのものも見てみたい!」

というニーズにピッタリマッチしたお店だと思うので、
外に出る事自体が拷問なこの夏の暑い時期に、
あえてキャンプ欲を高めるためにみなさんも訪れてみてはいかがでしょうか?!

 

f:id:t4o0m0:20180715230420j:plain

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】WILD-1デックス東京ビーチ店に行った気になれる120枚 ~後編~

f:id:t4o0m0:20180628222925j:plain

みなさんこんにちは。baoです。

今回は前回記事の
「【SHOP】WILD-1デックス東京ビーチ店に行った気になれる120枚」
の後編です。

Colemanやテンマク、小川のラインナップを見たい方は、
こちらから御覧くださいね↓

baocamp.hatenablog.com

 

ほとんど写真ばかりで、
訪問者さんの貴重なパケットを食いつぶしてしまい申し訳ございませんが、
ぜひ「行った気」になっていただけると嬉しいです。

それではどうぞ。

 

スノーピーク先生

スノーピークエリアはColemanと比べるとちょっと小さいです。
でもこの店では2番めのフロア占有率ですね。

f:id:t4o0m0:20180628222513j:plain

ポールやペグなど。
よく見るとやけに鮮やかなブルーのペグがありますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628222543j:plain

テントとタープなど。
スノピはアメドの価格帯とそれ以外の価格帯に開きが大きいんですよね。
なので、
bao家はそこらへんのちょうどいい価格帯と機能で小川さんを選んだわけですが。

奥の上にシェルコンがちょっと見えますね。
bao家にはまだ導入されておらず、ちょっとおろして触ってみたのですが
思いの外重くてデカかったです。

うちはまだプラスチックのコンテナで十分かな。

 

f:id:t4o0m0:20180628222552j:plain

スノピのもう一つの代名詞であるこの焚き火台!
様々な拡張用の器具があるのですね。一度は使ってみたいです。

 

f:id:t4o0m0:20180628222603j:plain

こちら収納器具エリアです。
でも下段はひょっとしてイスかな…?

実はスノピ製品かなり疎いのでよくわからないです。

 

f:id:t4o0m0:20180628222612j:plain

こちらキッチン周りですね。
Colemanは機能重視という感じでスノピはデザイン重視(機能も気にはしてると思いますが)という感じがしますね。とにかくピカピカ。

 

f:id:t4o0m0:20180628222709j:plain

これが噂の新発売のエントリーパックTTのテントですね。
これをじっくり見たかったのです。

 

f:id:t4o0m0:20180628222630j:plain

中を覗いた感じ、予想以上に広く感じました。
インナーは寝るだけ、と割り切ってしまえばかなり広いほうかなと。

高さが全然ないので、夫婦と二人の子連れが
テント内で着替える…となった場合、ちょっと戦争になりそうな低さです。

bao家としては立てるくらいの高さが欲しいです。

 

f:id:t4o0m0:20180628222723j:plain

なぜかTTの傍らにクオルツのコットがありました。

個人的にはコットはハイランダーのコットが最近とても気になってます。

camphack.nap-camp.com

 

ほか金属小物系

f:id:t4o0m0:20180628222732j:plain

こちら、テンマクさんの金物エリアのようですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628222742j:plain

お、テンマクさんは「山と食欲と私」とコラボされているのですね。
baoは読んだことがありません。
ゆるキャンのアニメしか見たことがないです。

今度買って読んでみようかな。

 

f:id:t4o0m0:20180628222752j:plain

シェラカップにも同じ漫画のキャラらしき絵が。
いかんせん漫画を知らないので若干リアクションに困ります。

 

f:id:t4o0m0:20180628222806j:plain

レジ正面にはカラビナやキーチェーンなどのぶら下げ金物小物系がずらり。
ちなみにbaoはいつもカラビナに家の鍵とNITEIZEの鍵型マルチツールをぶら下げてます。結構重宝しますこれ。ここには売ってませんでしたが。

 

f:id:t4o0m0:20180628222829j:plain

雑誌と漫画。
雑誌の種類が以前よりも少なくなったような気が…時期的なものか…?

ここに先ほどの「山と食欲と私」もありました。
パラパラ立ち読みしてみました。そして、閉じました。

 

f:id:t4o0m0:20180628222838j:plain

サングラスや時計、ナイフなど。
ちょっとお高い品揃えのようで、皆様ガラスの向こうに鎮座しておられました。

 

f:id:t4o0m0:20180628222848j:plain

レジ横のステッカーコーナー。

CHUMSのステッカー欲しい!でも何一つギア持ってない!

みなさんステッカー貼るときって、
そのメーカーのギア持って無くても、貼るものなのでしょうか…?

 

f:id:t4o0m0:20180628222907j:plain

WILD-1名物、ご当地シェラカップ。
レインボーブリッジですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628222916j:plain

あ、ここにもアレが。

 

f:id:t4o0m0:20180628222925j:plain

下りエレベーター向かいの展示スペース。

このテントは、テンマクのサーカス?なのかな?

 

 

大型収納系

f:id:t4o0m0:20180628222943j:plain

こういう収納ボックスを使っているキャンパーを見たことがないです…
まず「CAMP STYLE」には出てこないだろうな…

GO OUT CAMP STYLE BOOK Re-edit 2012-2017 (別冊 GO OUT)

GO OUT CAMP STYLE BOOK Re-edit 2012-2017 (別冊 GO OUT)

 

 

f:id:t4o0m0:20180628223111j:plain

無印良品ポリプロピレン収納ボックス的なボックス。

欲しい、けどうちの非男サイトの雰囲気にはちょっと合わないかも。

 

特売コーナー

f:id:t4o0m0:20180628222952j:plain

現品限りとか展示品とかが安く売られていました。

上段の赤いColemanのガストーチに惹かれたのですが、
OD缶でのガス充填ができないとのことで諦めました。

 

f:id:t4o0m0:20180628223004j:plain

木のクッション流行ってますね。
ニトリでも売ってたような気が。

 

f:id:t4o0m0:20180628223014j:plain

これはいったい何に使うんだろう…
昔林間学校でやったフライングディスクのゴールに似ています。

フライングディスク ゴール - Google 検索

 

f:id:t4o0m0:20180628223023j:plain

右にあるのはクオルツのテーブルですね。

ちょっと素っ気なさすぎるデザインで物足り無い気がします…

 

f:id:t4o0m0:20180628223049j:plain

以前、ウォータージャグを奥様がキャンピングヒルズ鴨川で
落として大破してしまったので
このセール品を買うことにしました。980円!

baocamp.hatenablog.com

 

焚き火台、ストーブなど

f:id:t4o0m0:20180628223125j:plain

いつか真冬キャンプで薪ストーブを入れてキャンプしてみたいですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223143j:plain

いろんな焚き火台がありますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223155j:plain

ユニフレームの代表格クラス勢揃い。
ファイアグリル、ファイアスタンド、焚き火テーブル。

bao家はファイアグリルは本物を使っていますが、
ファイアスタンドはこちらを使ってます。
微妙にファイアスタンドよりもデカイです。

 

f:id:t4o0m0:20180628223205j:plain

MONORAL?聞いたこと無いメーカーですが、
キャンプ雑誌の新商品コーナーでそのビジュアルを見たことが有る気がします。

 

f:id:t4o0m0:20180628223215j:plain

そう、この焚き火台!雑誌で見たことがあります!
写真ぶれ過ぎ!

 

f:id:t4o0m0:20180628223239j:plain

収納サイズはこんなに小さくなるようです!すごい!

これ、baoのしごと用のカバンに普通に入りますね!
折り畳み傘と間違えて入れてしまいそうです。

 

f:id:t4o0m0:20180628223248j:plain

小さめのファイアストーブなど。

ファミキャンには向かなさそうですが、ソロキャンプにはあると楽しそうですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223257j:plain

焚き火グリルの代表選手、笑"sのB-6とA-4。

こうしてみると大きさ全然違いますね。

 

ランタンなど

f:id:t4o0m0:20180628223306j:plain

LEDランタン類。

 

f:id:t4o0m0:20180628223315j:plain

こちらはガスストーブの風避けや金網、五徳など。

 

f:id:t4o0m0:20180628223325j:plain

SOTOを代表とするストーブ類ですね。
いろいろあります。

f:id:t4o0m0:20180628223356j:plain

ジェットボイルだけで一つのエンド(スーパーなどの専門用語です)を専有してしまってますね。登山用かなー。

 

f:id:t4o0m0:20180628223409j:plain

スノピのほおずき。
以前スイッチの入れ方がわからなくて、店員に聞くという恥ずかしい経験をしました。

 

f:id:t4o0m0:20180628223425j:plain

またストーブ類です。

 

f:id:t4o0m0:20180628223435j:plain

写真がもうだんだん雑になってきてますね。すいません。
CB缶系のランタンなど。

bao家はこのSOTOのCB缶ランタン持ってます。
基本OD缶ではなくCB缶で統一しています。

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

 

 

f:id:t4o0m0:20180628223444j:plain

CB缶で統一とはいうものの、
やはりこういうのもそのうち欲しい。

子供たちが大きくなって夫婦だけのキャンプになったらかな。

 

f:id:t4o0m0:20180628223453j:plain

これはレトロなオイル?のランタンですかね?
ちょっとここらへん疎いです。

 

f:id:t4o0m0:20180628223507j:plain

ヘッドライト類。
実はbao家のヘッドライトはまだ100均のだったりして…。

 

f:id:t4o0m0:20180628223519j:plain

テント室内用の吊り下げ式ランタンなど。

最近流行りのルーメナーは置いてないようですね。

 

テーブル、椅子など

f:id:t4o0m0:20180628223533j:plain

さて、イスコーナーです。
以前はここにずらっとヘリノックスが並んでいた気がするのですが、
ずいぶんと変わりましたね!

 

f:id:t4o0m0:20180628223601j:plain

特に気になったのがこのNEMOのイス。
座った感じ、ふわふわゆらゆらとリラックスにはいいですが、
食事とかでは不安定すぎて正直落ち着きません。(笑)

 

f:id:t4o0m0:20180628223651j:plain

ちなみにこの右側のSWINGというのが収納バッグです。

で、でかい…ちょっとでかすぎる気がします…

 

f:id:t4o0m0:20180628223621j:plain

オルツのイスたち。

ヘリノックスに似てて、
ネットで売られている廉価製品よりもしっかりしてて
コスパがよくて良いですね!

真ん中のイス気に入りました。

 

f:id:t4o0m0:20180628223630j:plain

ハンモック類。
ヒロシさんのDDは無かった気がします。

 

f:id:t4o0m0:20180628223642j:plain

収納されたヘリノックスの大群です。

こうしてみると種類多いですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223700j:plain

ベンチの皆さん。

 

f:id:t4o0m0:20180628223710j:plain

コンパクトテーブルな皆さん。

 

f:id:t4o0m0:20180628223723j:plain

オルツのテーブルたち。

アミアミのテーブルがちょっと気になりますね。
あと左側のちょこんと乗っているロゴスのマイテーブルもどきがあるのに驚き。

こちらは本物↓

ロゴス アウトドアテーブル ハードマイテーブル-N 73189002

ロゴス アウトドアテーブル ハードマイテーブル-N 73189002

 

 

f:id:t4o0m0:20180628223733j:plain

ツーバーナーなど。

だんだんコメント書くのが辛くなってきました。

 

クッキング系器具など

f:id:t4o0m0:20180628223755j:plain

クッカーなど。いろんな種類がありますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223806j:plain

f:id:t4o0m0:20180628223816j:plain

調味料入れなど。
なんで上のほうだけぶれてるんだろう…

 

f:id:t4o0m0:20180628223827j:plain

シェラカップたち。

ドレを買えば良いのか悩みますね。
しかもスタッキングしてもたいしてスペースとらないので、大量にほしいですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628223838j:plain

スプーン、フォークなど。

 

f:id:t4o0m0:20180628223851j:plain

泣く子も黙るスタンレーの皆さん。

bao家は何一つ持っておりません。そんなにまだ必要性を感じておりませんので。

 

f:id:t4o0m0:20180628223902j:plain

燻製の器具かな?

 

f:id:t4o0m0:20180628223912j:plain

マグカップとポット類。
こういうの、CHUMSとかで統一したらおしゃれなんでしょうねー。

 

f:id:t4o0m0:20180628223923j:plain

コーヒーミルやヤカンなど。
これも夫婦キャンプのステージになったらかなー。

 

f:id:t4o0m0:20180628223944j:plainホットサンドメーカーや、まないた?この木のやつ名前なんていうんでしょう…?

 

f:id:t4o0m0:20180628223957j:plain

コンパクトバーベキューコンロ。

 

f:id:t4o0m0:20180628224009j:plain

こちらもデイキャン用のバーベキューコンロたち。

 

f:id:t4o0m0:20180628224020j:plain

スキレットダッチオーブン

うちはまだ導入していないです。

 

f:id:t4o0m0:20180628224034j:plain

おしゃれキャンパーの必需品のラグ。
うちは当然まだそのレベルには至っておりません。

 

おわりに

唐突ですが、今回の「行った気になれる」シリーズ第一弾は終了です。
だらだらと写真と駄文を載せてしまい申し訳ございませんでした。

この日は実はbaoは子連れではなく単身この「WILD-1」に乗り込んだため、
このように自由に写真を取りまくることができました。

子連れだったらこんな自由はききません。

なので子持ちの方はぜひ有給をとっていただいて、
ゆっくりアウトドア用品店めぐりをしてみてはいかがでしょうか?

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】WILD-1デックス東京ビーチ店に行った気になれる120枚 ~前編~

f:id:t4o0m0:20180628220711j:plain

みなさんこんにちは。baoです。

天気予報を見ると30度オーバーの日々が続き、
キャンプシーズンオフ中のbao家はやる気を無くしているところです。

baocamp.hatenablog.com

前回、「【SHOP】WILD-1デックス東京ビーチ店に行く途中の気分になれる38枚」
という、PV度外視の記事をアップする失態をしてしまったのですが、
今回は、やっと「WILD-1」店内の写真レポートになります。

ご近所に「WILD-1」が無い方、
これから「WILD-1」に行こうかどうか考えている方、
ぜひ参考になればと思います。

 

広すぎるColemanコーナー

とにかくColemanコーナーが充実しています。

f:id:t4o0m0:20180628220811j:plain

入り口右手にはランタン、火器系コーナーがあります。

 

f:id:t4o0m0:20180628220829j:plain

左手にはテント、ファニチャー系がずらっとならんでますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628220847j:plain

キャンパーなら誰もが憧れるこのクーラーボックス…
でもbao家にはまだ早いかな…

 

f:id:t4o0m0:20180628220856j:plain

なかなかパステルカラーのクーラーボックスというのも良いですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628220921j:plain

コンフォートマスターのチェア。
色がとってもいい感じですね。

普通の緑ベースのColemanテントよりも、ウェザーマスターとかじゃないと
合わなさそうですね…カラーコーディネートを考えないとですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628220932j:plain

bao家は奥の赤のチェアを所有しています。

Coleman(コールマン) コンパクトフォールディングチェア レッド 170-7670

Coleman(コールマン) コンパクトフォールディングチェア レッド 170-7670

 

 

f:id:t4o0m0:20180628220954j:plain

こちらもコンフォートマスター。
買っちゃうと周りもみんなコンフォートマスターしばりになっちゃいそうで
買うのちょっとためらうんですよね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221003j:plain

このテーブルは初めて見ました。
こんな「焚き火テーブル」的存在のものも扱ってたんですね。
ちなみにAmazonで探しても見つかりませんでした。

 

f:id:t4o0m0:20180628221021j:plain

あ、似たものが100均で売ってるやつです。
ほかのキャンプブロガーさんも比較紹介してますよね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221044j:plain

さすがColeman、組み立て安さ重視=収納サイズちょっと度外視。
どれもデカイですが、統一感あってかっこいいです。

 

f:id:t4o0m0:20180628221102j:plain

子供用のシュラフの品揃えがかなり充実していました。

 

f:id:t4o0m0:20180628221113j:plain

ちなみにbao家は奥のオレンジのシュラフを持っています。
ただ、ファスナーがかんじゃって直らず…どなたか直せるお店を教えてください。

 

f:id:t4o0m0:20180628221137j:plain

ひそかにbaoが欲しい、ござシート。

 

f:id:t4o0m0:20180628221147j:plain

マット類です。やはりデカイですねー。

 

f:id:t4o0m0:20180628221158j:plain

ペグ、ハンマーなど小物系。

 

f:id:t4o0m0:20180628221229j:plain

そしてColemanテントコーナーです。

ウェザーマスター、インディゴレーベル、輸入モノ、スタンダードと
とっても品揃えが豊富でため息が出ますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221332j:plain

真ん中右にある赤い4-5人用ドームテントだけやたら箱が古くて
かなり色あせていたのがちょっと気になりました。

あと真ん中の白いのは遮光性の高いやつですかね?
キャンプ場ではあまり見かけないテントですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221244j:plain

インディゴ特集。
これもマスター系同様、一つ使っちゃうと他もインディゴ縛りになっちゃうから
ちょっと気がひけるんですよね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221254j:plain

この色合の小物はもはや冬用にしか見えないのです。

 

f:id:t4o0m0:20180628221322j:plain

お!ポップアップ式、でも本格テントです!シェード扱いではないです。
ちょっとこれは気になりますね。
もしものときに一つ持っておきたい気がします。
右の大きい方は14,800円でした。

 

f:id:t4o0m0:20180628221343j:plain

ここらへんはキッチンまわり王道ツールたちですかね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221413j:plain

なぜかこちらにもイスさんたちが。

 

f:id:t4o0m0:20180628221428j:plain

ランタンコーナーに突入します。

 

f:id:t4o0m0:20180628221438j:plain

ガソリン式とOD缶式のランタンです。
残念ながらbao家はこういうの持ってないんですよね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221503j:plain

ガス器具系小物たち。

 

f:id:t4o0m0:20180628221513j:plain

ちょっと大きめの調理器具のみなさん。

 

f:id:t4o0m0:20180628221527j:plain

LEDランタン系。
でもちょっとあまり惹かれるものがないなぁ。

 

f:id:t4o0m0:20180628221608j:plain

バーベキューコンロ。
うちにはファイアグリルとColemanのパッカウェイグリルがあるからいいかな。

Coleman(コールマン) パックアウェイグリル スカイ 2000022308

Coleman(コールマン) パックアウェイグリル スカイ 2000022308

 

 

f:id:t4o0m0:20180628221617j:plain

ロール系テーブルと、オーソドックス2つ/3つ折系テーブル。

 

f:id:t4o0m0:20180628221631j:plain

テーブルクロスなんてのも売っているのですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221653j:plain

キャノピードーム5点セットで29,800円!安い!
でも通気性重視のbao家にとってこのテントはちょっと怖い…

 

f:id:t4o0m0:20180628221708j:plain

ピクニック、海遊びコーナーですかね。

なんだかこういうイス、懐かしいですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628221929j:plain

ロッジ型のテントも置いてました。すごい!

 

f:id:t4o0m0:20180628221939j:plain

収納、カート系です。
いつか自家用車を持って、このカートを引いてギアを運びたいです。

 

NORDISK

f:id:t4o0m0:20180628222154j:plain

さすがNORDISK。何もかもでかくて素材感出てますね。

大雨で土砂降りのとき水を吸って相当重くなりそう…と心配してしまうのですが
実際のところどうなんですかね…?

bao家にはNORDISKはまだいいかなーという感じです。

 

小川キャンパル、NEMO

f:id:t4o0m0:20180628222213j:plain

NEMOはほんと収納サイズが小さくてびっくりしますね。
アウトドアショップにも優しいメーカーですね(笑)

そのとなりにbao家がいつもお世話になっている小川さんがいます。

 

f:id:t4o0m0:20180628222225j:plain

あれっ?よく見ると普通のドームテントが無いです…。
やはり最近の流行的にあまり人気がないのかなーと思います。

アイレは置かなくてもいいからせめてピスタ置いてほしかったな。

ちなみにbao家はこのお店でアイレを取り寄せて、株主優待券を使って購入しました。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ドームテント AIRE(アイレ) [6人用] 2658

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ドームテント AIRE(アイレ) [6人用] 2658

 

また最近導入したスクリーンタープは小川さんのラナです。
じつはメルカリで格安で購入しました。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ドームシェルターラナ 3353

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ドームシェルターラナ 3353

 

 

 

ユニフレーム

燕三条、金物、ファイアグリル、フィールドラック等の金属系イメージが
強いユニフレームですが、タープも扱ってるのですね。

f:id:t4o0m0:20180628221903j:plain

bao家はムササビタープを所有しているのですが、
オープンタープになんとか収納スペースのようなものを一時期欲していて、
ユニフレームのREVOフラップを買いそうになったことがあります。

これあるとちょっとプライベート感もプラスで、
物置的にもなって良いかなーと思ったのですが
いつのまにか熱が冷めてしまいました。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOフラップ 681374

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOフラップ 681374

 

それに調べるとREVOラックなるものもあるんですよね。
でもぱっと見「なんだこりゃ?」ですね。
ここに荷物置いちゃったらちょっと生活感出ちゃいそうな気が。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOラック 681503

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOラック 681503

 

 

 

テンマクデザイン

f:id:t4o0m0:20180628222256j:plain

ユニフレームのフィールドラックへの対抗版ですかね。
触った感じ、かなり頑丈そうでした。

 

f:id:t4o0m0:20180628222306j:plain

テンマクのテントとなるとこのピラミッドというか、三角というか、
ゆるキャンのロゴみたいなテントのイメージが強いですね。

 

f:id:t4o0m0:20180628222319j:plain

焚き火タープもいろんな形がありますね。
誰ですか、間違えてREVOタープを置いている人は。

 

f:id:t4o0m0:20180628222337j:plain

ムササビウィングもいろんな種類取り揃えていました。
bao家はムササビの焚き火Verを愛用させてもらっています。

ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

 

 

f:id:t4o0m0:20180628222347j:plain

パンダがいっぱいありますね!

男性でこの真中のレッドなんて買う人いるんだろうか…?

 

マット、シュラフなど

f:id:t4o0m0:20180628221954j:plain

各社マットのコーナーです。

 

f:id:t4o0m0:20180628222018j:plain

こちらはテント内に敷くマットかな?

 

f:id:t4o0m0:20180628222054j:plain

f:id:t4o0m0:20180628222131j:plain

エアマット、インフレータブルマットたち。
bao家はモンベル(旧式)を使ってますが、個人的にはNEMOが気になってます。

 

f:id:t4o0m0:20180628222143j:plain

寝袋もたくさんありますね。

 

f:id:t4o0m0:20180628222408j:plain

おしゃれキャンプには必須(だと思っている)の敷物系。

こういうエスニックな感じのラグを広げられるサイトにしたいです。

 

こんな感じでダラダラと後編に続きます!

↓こちらは前回分です。

baocamp.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】WILD-1デックス東京ビーチ店に行く途中の気分になれる38枚

f:id:t4o0m0:20180628014148j:image

みなさんこんにちは。baoです。

このブログを書いている2018年6月末の東京は
もう30度超えの夏のような暑さです…

そのため、基本的にbao家は6月中旬~9月中旬まではキャンプシーズンオフです。

 

ただ、キャンプ無しのままじっとしている事ができるはずもなく、
禁断症状を抑えるためにもお台場デックス東京ビーチにある
「WILD-1」に行ってきました! 

といっても今回の記事は東京テレポート駅からWILD-1に着くまでの風景」です。
(おそらく世間的に全く需要がない内容だと思いますが…)
店内写真を期待された方ごめんなさい!
店内写真は後日アップ予定ですmm

ベビーカーでWILD-1デックス東京ビーチ店にどうやって行く?

Google先生によると、WILD-1デックス東京ビーチ店に行くには3通りあるようです。

  1. 東京テレポート駅を出て、ダイバーシティ東京側へ南下し、
    道路を歩道橋?で渡って、横断歩道を渡ってアクアシティ側に向かう経路
  2. 東京テレポート駅を出て、デッキまで登り高速道路をまたいで、
    台場フロンティアビル内を通って地上に降り、横断歩道を渡って向かう経路
  3. 東京テレポート駅を出て、デッキまで登り高速道路をまたいで、
    デッキ終点まで渡ってマンション沿いにデックスに向かう道

これらのルートだと、ベビーカーで行くには「3」が一番最適です。

途中に横断歩道も信号もなく一番安全です。
かつアップダウンで言うと、エレベーター上りx2だけで済みます。

 

東京テレポート駅

f:id:t4o0m0:20180628014823j:image

さて、いきなりりんかい線東京テレポート駅から始まります。

この駅の電車の発車チャイム音は、
かつてフジテレビで大ヒットしたドラマ踊る大捜査線のテーマ曲ですね。

ただこのドラマ、今思うともう20年以上も前の作品なんですね…

 

この駅には地上に出るエレベーターは一つしかありません。

改札を出て左方向に向いて歩きましょう。


f:id:t4o0m0:20180628013329j:image

するとエレベーターを発見することができます。

bao家はまだ2歳次女のためにベビーカーを発動することがあるので、
エレベーターは必須です。

お台場近辺の駅、ビルはもう「踊る大捜査線」同様、
20年以上も前に建築された建物なので、実は結構仕様がもう古いです。

エレベーターの狭さでもそれがよくわかります。


f:id:t4o0m0:20180628013354j:image

ここで迷わず地上ではなく、「テレポートブリッジ」を押しましょう。

テレポートブリッジ

f:id:t4o0m0:20180628013430j:image

エレベーターを降りると目の前にヴィーナスフォートが見えます。
行きたいのはコレとは逆の方角です。


f:id:t4o0m0:20180628013453j:image

む?よく見ると何やら駅前工事してますね…

ひょっとして2020年オリンピックに向けての工事かな?


f:id:t4o0m0:20180628013507j:image

とりあえずエレベーター前のエリアからブリッジ本体の方へと伸びる通路へと歩を進めます。


f:id:t4o0m0:20180628013520j:image

このエスカレーターを下ってしまうとヴィーナスフォートに行ってしまいます。
行きたいのはコレとは逆の方向です。

左を向くと、


f:id:t4o0m0:20180628013534j:image

この看板が。

左のゆりかもめお台場海浜公園駅」の方へと進みましょう。


f:id:t4o0m0:20180628013556j:image

ゴールが見えないくらいの一直線のブリッジです。
2000年当時はとても近未来な感じがしたのですが、
今こうやって通ってみると、所々に老朽化が見受けられますね。


f:id:t4o0m0:20180628013610j:image

歩きながら左を見ると湾岸線ですかね。
そしてフジテレビ社屋が右側に。

f:id:t4o0m0:20180628013628j:image

反対の右側を見ると右手遠くに東京ベイサイドホテルが見えますね。
東京ビッグサイトはその影で隠れてしまっています。

それにしても混んでますね。


f:id:t4o0m0:20180628013644j:image

だんだんゴールが見えてきました。

この日は風速10mの強風が左から右に吹き荒れていたので、
真っ直ぐ歩くのも大変です。

だんだんマンションエリアに近づいてきます。
ココらへん住んでいる方ってどんな方々なんですかね。。。?


f:id:t4o0m0:20180628013702j:image

ブリッジ終端に到着!

左を見るとなにやら細い通路が見えますね。
その通路へ入りましょう。


f:id:t4o0m0:20180628013716j:image
人が二人並んでいっぱいになってしまうこの細い通路を突き進みます。

すると奥に見えてきましたこの文字…

デックス東京ビーチ

f:id:t4o0m0:20180628013735j:image

見えました!「DECKS」の文字!


f:id:t4o0m0:20180628013748j:image

ちょっと右を向いてみるとはるか彼方に東京レインボーブリッジが見えますね。

機動警察パトレイバー the Movie 2」ではまだ建築中でしたね。
あまりブログと関係ありませんが。


f:id:t4o0m0:20180628013840j:image

進んでいくと、
左手に「ISLAND MALL」
右手に「SEASIDE MALL」と
2つの入口が出てきます。

「WILD-1」に行くためには「ISLAND MALL」です。


f:id:t4o0m0:20180628013913j:image

中に入ると「LAOX」があります。

多分この店で買い物をする日本人はほぼゼロなんじゃないかな。。。
おそらく訪れる客ほとんどが外国人旅行者だと思われます。

気にせず右を向きます。


f:id:t4o0m0:20180628013943j:image

サーティーワンアイスクリーム」を左手に突き進みます。
アイスを食べて休憩するにはまだ早いです。
子供たちがぐずついたときの切り札にとっておきましょう。


f:id:t4o0m0:20180628014034j:image

すると、エレベーターを発見しました。

f:id:t4o0m0:20180628014013j:image

「WILD-1」のある5階へと向かいます。


f:id:t4o0m0:20180628014057j:image

5階に到着です。

出て道なりに右を向くと…
ちょっとした魔のお子様向けの屋内遊園エリアがあります。

まだ大人勢が「WILD-1」でウィンドウショッピングもしていないのに
いきなりこのトラップは子供には刺激が強すぎます。

結局「WILD-1」にたどりつけずに、
この遊園エリアで大半の時間を犠牲にするパーティーがいることでしょう。


f:id:t4o0m0:20180628014121j:image

なんとかトラップを振り切ってまっすぐ歩いていくと…


f:id:t4o0m0:20180628014148j:image
おめでとうございます!

ついに「WILD-1」の城に到着しました!!

 

ちなみにこのルートだと、小さい子持ちのパーティー(家庭)の場合は

の2大トラップが待ち受けています。

もしこれを回避したい!という場合、
実は別のルートがあります。

場面をデックス東京ビーチ前まで巻き戻します。

もう一つのルート

f:id:t4o0m0:20180628014229j:image

ここで、「ISLAND MALL」には行かずに、
右手の「SEASIDE MALL」に向かって入ります。


f:id:t4o0m0:20180628014246j:image

そのまま道なりにまっすぐ向かいましょう。
途中大人が歩を止めてしまうパンケーキの「bills」がありますが、
そこはぐっとこらえましょう。


f:id:t4o0m0:20180628014300j:image

すると右手に2基のエレベーターがあるのでこれに乗ります。

外が眺められるエレベーターなので、子供の食いつきは良いです。


f:id:t4o0m0:20180628014313j:image

5Fを目指します。


f:id:t4o0m0:20180628014329j:image
f:id:t4o0m0:20180628014346j:image

5Fに到着しました。出てまっすぐ向かいます。

ここらへんは子供たちにとってさほど興味のないレストランエリアです。


f:id:t4o0m0:20180628014402j:image

つきあたりにある中華料理屋の左手を見ると、
何やら光り輝く扉が目に入ります。

突き進んでいくと、


f:id:t4o0m0:20180628014417j:image

屋外に出られる扉のようです。


f:id:t4o0m0:20180628014435j:image

そう、これは「SEASIDE MALL」と「ISLAND MALL」をつなぐデッキへの扉でした。

扉を出るともう「WILD-1」の文字が!


f:id:t4o0m0:20180628014459j:image

「ISLAND MALL」側の扉の中に入ると、
大きなコールマンのポスターが出迎えてくれます。これはテンション上がりますね!


f:id:t4o0m0:20180628014512j:image

正面にはやはり「WILD-1」の看板が!

ただここからは入れないので左に迂回します。

f:id:t4o0m0:20180628014533j:image

すると、さきほどの屋内遊園エリアは見えませんが、
ゲームセンター的なエリアが一瞬見えます。
ここをがんばって子供たちの気をそらしながら突破しましょう。


f:id:t4o0m0:20180628014549j:image

なぜか中途半端にコールマンギアが並べてありました。

以前はここにインディゴレーベルのテントがあったりしたんですが、
ちょっと今日はなんか中途半端ですね。

気にせず進むと…


f:id:t4o0m0:20180628014148j:image
おめでとうございます!到着です!!

まだつづきます

いかがでしたでしょうか?

というか、こんな誰得な内容ですいません!

なぜこのような記事を書いたのかと言うと、
初めて「WILD-1」デックス東京ビーチ店にbao家がベビーカーで訪れたとき、
とてつもなく行きづらかった&迷ったのです。

なので、初めて「WILD-1」デックス東京ビーチ店を訪れる方向けの記事ということでお願いいたします。

 

で、肝心の店内情報ですが、
さすが「WILD-1」、お腹いっぱいになるくらい品揃えが豊富すぎでした。

そちらのレポートについてはまた近日中にアップしたいと思います。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ