baocamp blog

baocamp blog

2017年からキャンプを始めました。

【ITEM】ベルウッドメイド サコッシュを半年使ってみてわかったサコッシュ選びの超重要ポイント6つ

f:id:t4o0m0:20180901002425j:plain

みなさんこんにちは。

ついに9月に突入し、もうすぐキャンプシーズンが始まるので
若干ソワソワしだしているbaoです。
(9月中旬に山中湖近辺で久しぶりのキャンプ予定!)

今回は2018年3月にお台場で開催された
「TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2018」
での戦利品として購入した、
ベルウッドメイド サコッシュ 「ZIP SACOCHE」 (NAVY)
の使用感レポートその後、です。

ちなみに購入当初のレポートはこちらです。

baocamp.hatenablog.com

 

サコッシュ購入後の使用頻度

f:id:t4o0m0:20180319010647j:plain
(※写真は購入当時3月のものです)

2018年のGWでの3連続キャンプで使用したのはもちろん、
土日の普通のお出かけでもガンガン使用していました。

お出かけの時は小さい子供を抱っこできることを想定し、
両手を空けておくために当然リュックを背負います。

ただちょっとした小物を取り出すときに、
リュックだといちいち背中から降ろしてジッパーを開けて…とアクセスが非常に悪いです。

ショルダーバッグをプラスしてもいいのですが
ちょっと大げさでかさばります。

そういった意味でサコッシュは薄くて軽くて体にフィットするので
第二のストレージとしてはとてもちょうどいいものでした。

  • キャンプ(2泊3日クラス) x 3回
  • 旅行(3泊4日クラス) x 1回
  • 土日のお出かけ x 約40回ほど

と数字にしてみましたが、
いかんせんこれ多いのか少ないのか、よくわからないですね…

 

あらためて使ってみて良かったこと

f:id:t4o0m0:20180319005937j:plain

半年使ってみて、一言でいうとやはり「使い勝手がいい!」です。

具体的には以下の4つの点においてGood!ですね。

  1. 軽い
     肩あてもあり、ショルダーバッグより軽いので負担にならない。
  2. 邪魔にならない
     紐を短くすると体にフィットし、そんなに厚みがないので邪魔にならない。
  3. 意外とたくさん入る
     結構大きいので、ハンドタオルや管理棟でもらったプリント、パンフなど
     どんどん入れることができて便利。
     ただし後述のとおり、あまり重いものは入れないほうがいい。
  4. ジッパーがあるから安心
     大事なものはジッパー付きの口に入れれば安心。
     うっかり落としてしまった時なども中身が散乱することがない。

 

サコッシュの中に入れていたもの

はじめのころ、baoは以下のようなものをサコッシュに入れていました。

f:id:t4o0m0:20180901002451j:plain

左上から時計回りに、

  1. 薬・絆創膏入れ
  2. モバイルバッテリー
  3. スマホ
  4. 小銭入れ
  5. カード、紙幣入れ
  6. 予備のSDカード
  7. 大容量SDカードが入った、USB/microUSBコネクタ
  8. ハンドタオル/ハンカチ(写真撮るの忘れた)

こうしてみるとそんなにサコッシュがぎゅうぎゅうになるくらいに
詰め込んでいる感じではないのですが、

「2.モバイルバッテリー」、「3.スマホ」の二つが結構重いです。

f:id:t4o0m0:20180901002347j:plainf:id:t4o0m0:20180901002353j:plain

スマホバッテリーは小さいのですがズシリと重く、
179gありました。

f:id:t4o0m0:20180901002405j:plainf:id:t4o0m0:20180901002400j:plain

そしてスマホのほうですが、こちらも軽いモデルだからといっても
159gありました。

これら二つ合わせて約320g

数字だけ見ると軽そうな気がするのですが、
この二つだけ手に持つと意外と重いんですよね。

そして使い続けた結果…!

 

半年使ってみて気づいたら…!

f:id:t4o0m0:20180901002432j:plain

なんと!ショルダー紐&カラビナと本体をつなぐ部分が
すでに半分ももげてほつれてしまっているではありませんか!

f:id:t4o0m0:20180901002444j:plain

反対側の同じ部分を見てみると、
先ほどの部分よりかはまだ症状は軽いですが、
ほつれてきているのがわかります。

おそらく原因としては

  • バッテリーのような重い小物を入れていて負荷がかかった
  • 子供を抱っこしたりしたときにひっぱられて負荷がかかった

の2点が考えられます。

 

さすがにこれにはショックでした。
アウトドア用途のカバンという立ち位置の認識だったので
もうすこし頑丈かなと思っていたのですが…

また前回レポートの時の
「重いものを入れると、ショルダー紐のこのプッシュ式のホールドが弱くて
自動的に紐が伸びてしまう」ことに注意がいってしまっていたので
このつなぐ部分のほつれはまったくノーマークでした。

baocamp.hatenablog.com

 

これって自分だけにしか起きてない現象なのかな?と思い
以前「OUTDOOR DAY JAPAN 2018 TOKYO」に行って
子供たち用にもらったFIELDOORノベルティサコッシュを見てみると…

f:id:t4o0m0:20180901002413j:plain

右側の結合部分に注目してみましょう。

f:id:t4o0m0:20180901002419j:plain

あっ!やっぱりこちらも、ほつれてちぎれてしまっています!

このサコッシュはbao家の2歳次女様がとてもお気に入りで
これにおもちゃをたくさん入れてよくお出かけをしていました。

これはノベルティなので作りはちゃちなのですが、
まさかベルウッドメイドのサコッシュもこれに近い状態になるとは…
やはりショックです。

(お気に入りのサコッシュが壊れて荒れる2歳児をなだめるのに苦労しました。)

 

baocamp.hatenablog.com

 

サコッシュを買うときに気を付けておきたい6つのこと

今使っているこのベルウッドメイドのジッパー付きサコッシュ
baoはとても気に入っているのですが、
これもゆくゆくほつれていたつなぎ部分が壊れてしまうでしょう。

その時、針と糸を使って無理やりにでも直すか?
もしくはあきらめて別のサコッシュを買うか?

悩ましいところです。

 

が、今後もし新しくサコッシュを買うとしたら、
以下の4つの点に特に重点を置いて品物を選別したほうがいいと痛感しました。

  1. なによりもまずショルダー紐と本体のつなぎ部分が頑丈であること!
  2. ショルダー紐の長さ調整具のホールド力が強力であること!
  3. ショルダー紐が肩にあたる部分に肩あてが必ずついていること!
  4. 本体が体にフィットする柔らかい素材であること!
  5. たたむと手のひらサイズにまで小さくなること!
  6. やっぱりメインの収納口にはジッパーがついていること!

こういった点を考えると、

やはり自分の中では「ベルウッドメイド サコッシュ MA-1」がベースで
上記の1と2に対して改良を施したモデルを発売してほしいなー!
と思うところです!

 

おわりに

f:id:t4o0m0:20180319010934j:plain

今回はアイテム紹介のその後、という位置づけの記事でした。
ひょっとしたら内容がちょっと浅かったかもしれません。すいません。

 

サコッシュは最近流行となっているせいか、
いろいろなメーカーがいろいろなモデルを出していて、
どれを買ったらいいのかわからず結局有名メーカーのものだったり、
見た目がおしゃれだったり、という理由で買うことがあると思います。

 

でもやはりキャンプをするうえでもアウトドアというジャンルから
「長く使えて頑丈なもの」を選ぶべきだとbaoは考えます。

 

今回の残念ポイントを踏まえて、
上記6つの観点から、みなさんが長く使えるサコッシュに出会えることを願っています。

 

BELLWOODMADE ベルウッドメイド コンテナサコッシュ [MA-1]ネイビー

BELLWOODMADE ベルウッドメイド コンテナサコッシュ [MA-1]ネイビー

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

【MAGAZINE】「PLAY OUTSIDE」をフォローするべき●つの理由!(とにかく見よう!)

f:id:t4o0m0:20180825061513j:image

みなさんこんにちは。
相変わらず7月8月はキャンプシーズンオフのbaoです。

仕事や夏休みで忙しく長らく更新が滞っておりました。すいません。

今回は相変わらずインドアな話題になってしまうのですが、
baoがとにかく尊敬する「PLAY OUTSIDE」さん
(尊敬するので「さん」付けです)がついに雑誌に掲載!
ということで早速紹介させていただこうと思います。

※「PLAY OUTSIDE」さんには直接掲載の承諾許可をいただきました。本当にありがとうございました!

【注意事項】

今回ですが、あまりにもbaoが「PLAY OUTSIDE」さん好きなので、
「とにかく」が連発します。予めご了承くださいませ。

 

 

「PLAY OUTSIDE」って?

主にキャンプフレンチブルドッグを中心とした動画を
YouTubeで配信されているアカウントさんです。

YouTubeだけではなく、
WebサイトやInstagramFacebookTwitter
主要SNSはすべて抑えてアウトドア&キャンプ情報を発信されています。

f:id:t4o0m0:20180825044242p:plain
※公式サイト(http://play-outside.com/)より(2018/8/25時点)

 

こちらは公式サイト
(とにかく今すぐお気に入りに登録しましょう!)↓

play-outside.com

こちらはYouTubeチャンネル
(とにかく今すぐチャンネル登録しましょう!)↓

www.youtube.com

こちらがInstagram
(とにかく今すぐフォローしましょう!)↓

www.instagram.com

そしてFacebook
(とにかく今すぐフォローしましょう!)↓

www.facebook.com

さいごにTwitter
(とにかく今すぐフォローしましょう!)↓

twitter.com

 

情報発信頻度は当然TwitterFacebookが多く、
メインコンテンツのあるブログやYouTubeについては
月数回の更新頻度となっているようです。
(よく考えたらこれは普通かもですね)

で、メインであるYouTube
コンテンツ(動画)のクオリティがとにかくハンパないのです!

 

まずはとにかく見てみましょう

とりあえずまずはこちらの動画をとにかく見てください


Highlights of CAMP MOVIE 2017

 

…どうでしょうか?

YouTubeにはいろんな先輩キャンパーさんたちの動画がたくさんありますが、
それらとは一線を画するような動画じゃないですか?

 

bao家では2017年からキャンプにハマった時、
YouTubeで狂ったように色んな方々のキャンプ動画を見まくっていました。
(おそらく同じ経験された方もおおいはず)

主に芸人のヒロシさんとか、

www.youtube.com

YORIKIさんとか、

www.youtube.com

アウトドアファミリーさんとか。

www.youtube.com

 

ある時、家でAmazonのfire-TV越しで上のみなさまの動画を
YouTubeを垂れ流し気味に見ていたら、
偶然「PLAY OUTSIDE」さんの動画が流れてきたのです!

 

「な、なんだこの今まで見たこともないキャンプ動画は!!」

 

とにかく「PLAY OUTSIDE」を推す3つの理由

動画がとにかくかっこいい!

ご覧の通りとにかくため息が出るほどかっこいいです。

  • ナレーション・解説の無い(「詳しくはブログで」スタンス)
  • ミュージッククリップみたい(最初ほんとにそう思った)
  • スタイリッシュな音楽(どこにこういう曲あるんだろうか?)
  • 若干フィルタのかかったクールな映像(映像関係のお仕事??)
  • 長さもそんなに長くない(ほんとはもっと長く見てみたいw)

…と、
baoは奥様があきれるほど「PLAY OUTSIDE」さんがとにかく好きすぎるので
まだまだ語れます。

 

普通のキャンプ動画だと、
結構「キャンプ生活感」的な匂いを感じる動画があるのですが、
「PLAY OUTSIDE」さんにはあまり無いんですよね。

でも、私生活が謎なモデルさん・芸能人さんのような
近寄りがたい印象があるかというと、そうでもないんですよね。

時々YouTubeライブ配信もされていて、
管理人さんの人柄や親近感をとても良く感じることができます。


キャンプ場から初ライブ配信 - snowpeak HQで焚き火トーク - 【アーカイブ】

 

撮影機材がとにかく良い!

http://play-outside.com/wp-content/uploads/2016/11/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%88%E5%85%83%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%89.jpeg

※公式サイト(http://play-outside.com/2016/11/11/website-released/)より

 

動画を構成する映像素材一つ一つがとにかく良いです。

画角、被写体、色味、フィルタ、タイムラプス、スローモーション、ボケ味…

そして結構キャンプ中のいろんなシーンを細かくいろんな角度から
撮影されているんですよね。

どうやって撮影しているんだろう?
と毎回興味が湧いてきます。
できれば撮影している最中にお邪魔してみたいです…

そして、これらの映像素材を撮影するための機材にもこだわりがあるようです。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

play-outside.com

  • 主に撮影はデジ一眼
  • 当然外付けマイクも必須
  • レンズにもとてもこだわりあり
  • 三脚撮影はあたりまえ
  • 時々3軸ジンバルでこてつくんを撮影
  • 空撮にはDjiのドローン、Spark!

こうしてみるとやはり、
こういった映像には「手ブレ」を排除することが重要ということがわかります。

そのために三脚や手持ちジンバル、ドローンにもジンバル搭載(高くなりますが)。

あとは明るいレンズを使ってボケを活かす。

風景も単純に撮るのではなく、
カメラを動かしながら撮ったり、
スローで撮ったり、
雲や水面はタイムラプスで撮る…

 

と、カメラの浅い知識しかないbaoの浅い考察で申し訳ないのですが
でもとにかくバカ高いプロ機材を使って撮影しているというわけではなく、

手の届く機材を使ってプロ並みの動画を作られているところにシビれます。

おそらくあとはセンスがモノを言うのかもしれませんね!

 

とにかく奥様の料理が毎回おしゃれ!


CAMP MOVIE - やまぼうしオートキャンプ場(ランドステーション/エリクサー3/キャンプ料理)

 

この動画だけではなく、
毎回キャンプ風景の一つとして管理人さんの奥様の料理風景
「PLAY OUTSIDE」さんの楽しみの一つです。

彩り豊かな野菜をふんだんに使ったサラダがあったり、
パンやピザを一からこねて作ったり、
まさにインスタ映えするようなお料理ばかり!
とにかくおしゃれなのです!

食器、カトラリー、そしてテーブルコーディネートもとっても素敵です。

 

毎回キャンプでこのような食事が出たらほんといいですよね!
(bao家は小さい怪獣が二匹もいるのでさすがに無理ですが…)

動画に料理シーンが多く、
しかもいろんな角度で撮っていて、
撮影も兼ねての料理はさぞ時間がかかっているんじゃないかな…?
と心配してしまうのですが、
おそらくそこは管理人さんとその奥様の培ってきたコンビネーションで
うまく乗り越えているんだろうなーと思います。

 

フレンチブルドッグのこてつくんがかわいい!

「PLAY OUTSIDE」さんを語る上で欠かせないのが、
フレンチブルドッグの「こてつ」くんです。

大体キャンプ中は
寝てるか、静観してるか、食べてるか
なのですが(笑)、
なぜかこのキャンプ風景にピッタリハマってるんですよね(笑)

フレンチブルドッグ、という犬種もあると思います。
これがドーベルマンだったり、チワワだったら…
ちょっと雰囲気がガラッと変わっちゃいそうな気がします。

スタイリッシュかつおしゃれなキャンプ風景の中に
どーんと鎮座する主のような存在としての「こてつ」くんは
おそらく「PLAY OUTSIDE」さんの動画の縁の下の力持ちですね!

 

そんな「こてつ」くんにフォーカスした動画もいくつかあります。

www.youtube.com

「メンズジョーカー」に掲載!

baoが熱く推すこの「PLAY OUTSIDE」さんですが、
なんとついに雑誌に掲載されたではありませんか!

雑誌は「Men's JOKER LIFE Vol.03」です!
(Men's JOKERにこんなタイプの別冊あったんですね…知りませんでした)


f:id:t4o0m0:20180825061513j:image

しかも4ページにわたって紹介されています!

そして管理人さんの名前もどーんと出てしまっているではありませんか!

これまで見てきたファンとしてはうれしくてたまりません。

 

内容としては、
主にキャンプをはじめたきっかけのインタビューがあったり、
キャンプギアの紹介があったり、
こてつくんの写真があったりと
「PLAY OUTSIDE」さんの魅力がギュッと詰まった4ページになってます。

皆さんぜひとにかく動画も見て、
とにかく雑誌も買って見てみてくださいね!

 

 

ついでに雑誌付録レビュー

こんな感じでした!(雑)

よく考えたらbaoはiPhoneもってないので、
ライトニングケーブルいらないな…orz


f:id:t4o0m0:20180825061606j:image
f:id:t4o0m0:20180825061616j:image
f:id:t4o0m0:20180825061623j:image
f:id:t4o0m0:20180825061631j:image

baoが持っているANKERのバッテリーにはちょっと大きかったです。
f:id:t4o0m0:20180825061638j:image

コンパクトデジカメならちょうどいい大きさかもですね。
f:id:t4o0m0:20180825061645j:image

おわりに

いつかは「PLAY OUTSIDE」さんも
表舞台(?)に顔をだすんじゃないかなーと思っていたのですが、
ついに雑誌に紹介されました。

baoとしては
今後ますます「PLAY OUTSIDE」さんが有名になってしまって、
手の届かない存在になってしまったり、
管理人さんが気楽にキャンプできなくなってしまうんじゃないか
と勝手に不安になって心配してしまうときもあります。(病気)

ですが、
今後も今までと変わらず
とにかくかっこいいキャンプ動画をどんどん作って行ってほしいと思います!

そして、いつかどこかのキャンプ上でばったりお会いできることを
密かに楽しみにしております!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【ITEM】お台場探索でゲットしてきた6つのギア?たち

f:id:t4o0m0:20180706233850j:plain

みなさんこんにちは。baoです。

今回は、前回お台場の
デックス東京ビーチ(WILD-1)、
ヴィーナスフォートニトリ、セリア、ヴィレッジヴァンガード
で確保してきたアウトドアギアたちを紹介したいと思います。

ちなみに各店舗の写真レポは以下です

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

 

Montagna/折りたたみ式ウォータージャグ 5.5L

f:id:t4o0m0:20180706235758j:plain

正直聞いたことのないメーカーです。

「WILD-1」の特売品コーナーに置いてありました。
ほぼ1000円なのでお買い得ですね!

bao家は以前これと激似の以下BUNDOK製を持っていたのですが、
奥様が「かずさオートキャンプ場」にて初給水直後に落としてしまい
一度も使わずに大破するという大事件がありました。

なので、それ以降は泣く泣く「緊急避難セット」に入っていた
折りたたみウォータージャグ↓を使うという悲しい過去がありました。

ただこの四角いジャグ、水が減ってくるとフニャフニャになって
実にだらしないんですよね…。

やはりきちんと自立するジャグが欲しい!ということで買いました。
(ほんとはiglooとか本格的なのもほしいのですが、まだかなと)

 

f:id:t4o0m0:20180706235826j:plain

ぺしゃんこ状態です。
蛇腹なのできっちり小さくなってくれます。

ぜんぜんだらしなくないです!

 

f:id:t4o0m0:20180706235835j:plain

のばしてみると、結構でかくなります。
ただ過去のトラウマからか、落としたときにまっさきに
蛇口の付け根がやられるんじゃないかとちょっと心配しますが、
安いから我慢ですね。

 

Coleman/ハンギングチェーン

f:id:t4o0m0:20180706235907j:plain

以前からほしかったハンギングチェーン。
勢いで買ってしまいました。

暖色系ギアが多いbao家のサイトを意識してのこの色チョイスです。

でもあとから調べてみるとamazonのほうが安かった…orz
色は違いますが。

コールマン ハンギングチェーン アクア 2000016952

コールマン ハンギングチェーン アクア 2000016952

 

 

f:id:t4o0m0:20180706235935j:plain

カラビナが3つ付属しています。
それぞれにきちんと「Coleman」ロゴがありますね。

 

f:id:t4o0m0:20180706235948j:plain

なんかよく見ると端っこのほうが若干汚れています…!

これって特売品コーナーだったっけ…?いや、違うはず。
ちょっとがっかりポイントですね。

 

f:id:t4o0m0:20180706235958j:plain

家の中で吊るすところがないので、
無理やり洗濯バサミを駆使してぶら下げてみました。

100均スマイルランタンもどきもぶらさげてみました。

むむっ!思っていたよりもちょっとダサいぞっ!?(笑)

長さが140-170cmなので、
bao家のタープであるムササビウイングの縦ラインに張ることは難しそうです。
サイトのどこに張ろうか悩みますね。

 

セリア/LEDミニランタンアウトドア

f:id:t4o0m0:20180707000026j:plain

セリアにもありました。スマイルランタンもどき。

ちなみにキャンドゥ版は以下レポートをご参考ください。

baocamp.hatenablog.com

 

f:id:t4o0m0:20180707000100j:plain

キャンドゥのものと比べると、製品仕様はまったく同じです。

違うところといえば、ロゴ内容とその印字位置でしょうか。

あとカラーリングが多少違います。

 

f:id:t4o0m0:20180707000110j:plain

明かりをつけるとこんな感じです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、蛍光灯色ではなくオレンジ色の
優しい色合いになっています。いいですね。

 

f:id:t4o0m0:20180707000121j:plain

真ん中がセリア版で、
両サイドがキャンドゥ版です。

こうしてみると形はホント同じで文字と色くらいというのがよくわかります。

 

セリア/ステンレス食器プレート

f:id:t4o0m0:20180707000203j:plain

今回びっくりしたのはこのセリアのステンレスプレートですね。

作りに雑さ加減をまったく感じさせず、
ロゴが刻印されているのもとてもかっこいいです。

 

f:id:t4o0m0:20180707000216j:plain

安っぽいピカピカの金属感ではなく、
若干つや消し気味の雰囲気がとても高級感があって良いと思います。

箇所によって手を切ってしまうといった危ない部分も一切ありません。

 

f:id:t4o0m0:20180707000225j:plain

こちらは小皿ですね。
これよりももっと小さい小皿も置いてありました。

 

f:id:t4o0m0:20180707000234j:plain

こちらは仕切り付きプレートです。
まさにバーベキューのときとか、子供用の取り皿に最適ではないでしょうか。

このほかに細長い楕円形のプレートも扱っていました。

 

f:id:t4o0m0:20180707000253j:plain

どうせ中国製品とかなんじゃないの?と思いきや裏面を見ると…
なんと日本製です!しかも新潟県燕市
燕三条とはちょっと違うらしいですが…)

すごいですね、このクオリティで100円なんて、本当に大丈夫なんでしょうか?
逆に心配になります。

 

ユニフレーム/シェラカップ

f:id:t4o0m0:20180707000315j:plain

シェラカップの買い足しです。

これまでキャンプをつづけてきて、
スタッキングできて収納スペースの負荷にならないので、
やっぱりシェラカップが一番器具のなかで最強だなーと痛感しています。

 

f:id:t4o0m0:20180707000323j:plain

本当はオシャレ路線丸出しのCHUMSのものを買おうと思ったのですが、
もうちょっとお安い、でもシンプルでクールなデザインのユニフレにしました。

これからもちょくちょく買い足していきたいと思います。

 

セリア/クラフトペーパー

f:id:t4o0m0:20180707000512j:plain

最後の一品はおまけです。

セリアで子供用の折り紙を探していたときに見つけました。
折り紙ではなくクラフトペーパーなのですが、
この柄、どこかで見たことありませんか…?

そう、スノーピークと思いきやちょっと違うんですよね…(笑)

このペーパーは「大」で、スノピは「木」と縦棒が一本多かったですね。
はい、すいません。失礼いたしました。

 

さいごに

f:id:t4o0m0:20180707000527j:plain

今回は大物、新製品、超人気商品とはまったく真逆の、
小銭程度のキャンプギアたちの購入となってしまいました。

高い製品も品質が高くて良いのですが、
やっぱり足で稼いで安くて良いもの(というか良さそうなもの)
を見つけた時は素直に嬉しいですよね!

みなさんも、amazon楽天でネット通販するのではなく、
たまにはリアル店舗をゆっくりハシゴしてみて、
掘り出し物を探してみてはいかがでしょうか?

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】お台場ヴィーナスフォートで掘り出し物キャンプギアを探してみた

f:id:t4o0m0:20180628014928j:image

みなさんこんにちは。baoです。

 

過去3記事かけて、
「WILD-1」デックス東京ビーチ店をレポさせていただきました。

 

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

今回は、「WILD-1」後のついでに立ち寄ったヴィーナスフォートにて、
「キャンプギアを売ってそうなお店」レポになります。

といっても結論から言うと真新しいものはなく、
ベテランキャンパーの方々や、おしゃれキャンパーの皆様からは
「そんなのもうとっくに知ってるよ!」と、お叱りをいただくかもしれません…

なので、温かい心で本記事を読んでいただければと思います。
ご存知の箇所は読み飛ばしてしまっても構いません。


f:id:t4o0m0:20180628014949j:image

さて、こちらヴィーナスフォートです。

「WILD-1」のあるデックス東京ビーチからは、
東京テレポート駅を挟んで反対の南側にあります。

ここにもLaoxがあったりして、外国人観光客の皆様で賑わっておりました。

 

ニトリ

f:id:t4o0m0:20180628015008j:image

まずはニトリです。

皆さんご存知のお値段以上のお店なのですが、
ガーデニングコーナーの並びにアウトドアコーナーがあります。

 

f:id:t4o0m0:20180628015211j:image

えらいこじんまりしています。

キャンプ、というよりかはデイキャンプまたはピクニック、BBQ用品
といったほうが正確かもしれませんね。

テントももちろんポップアップテントです。というか、サンシェードです。

さすがにこのギアたちを連れて、
本格的な2泊3日のキャンプは想像できません。
(どなたかYoutuberの方が試してみてくれると面白い気がするのですが)


f:id:t4o0m0:20180628015040j:image

ギアのラインナップも完全にピクニック用途ですね。
テーブル、イス、ソフトクーラーボックスなど、
緑系とブルー系のカラーの二種類で統一されているようですね。


f:id:t4o0m0:20180628015057j:image

最上段にある円柱状のおりたたみゴミ箱?的なものが気になりました。

木製のチェアやテーブルも扱っているみたいですね。


f:id:t4o0m0:20180628015116j:image

こちら、折りたたみコンパクトバーベキューコンロです。

や、安い!2000円切ってます!

実用性はちょっとよくわかりませんが
これって網とかはずして焚き火台としても使えるんじゃないかな…?


f:id:t4o0m0:20180628015137j:image

こちらのイスも1000円切っていて安いですね。

ただ大きさが、小さい子供用だと少し大きいし、大人だと少し小さいので
小学生のお子さん向けな大きさですかね。

柄はなんかColmanのインディゴみたい。


f:id:t4o0m0:20180628015152j:image

なんと木製3段ラックも売っていました。

コーナンラックに激似なのですが、横幅がちょっと狭いですね。
ただ、色合いがコーナンよりも渋いです。
どちらかというとCAPTAIN STAGに似てますね。

それにしても安いですね!

 

セリア

f:id:t4o0m0:20180628015230j:image

続いて100円均一ショップの「Seria」です。

baoが住む品川区には「Seria」ってあまりないんですよね…
だいたいが「キャンドゥ」か「ダイソー」なんですよね。


f:id:t4o0m0:20180628015248j:image

こちらがお店の入り口すぐ近くにあるアウトドア、
というか、ピクニック用品コーナーですかね。
なんだか寂しく見えますが。


f:id:t4o0m0:20180628015309j:image

ありました!

以下過去記事でも紹介した、キャンドゥの偽ミニスマイルランタンのセリア版です!
キャンドゥのものとちょっとデザイン、カラーラインナップは違いますが、
基本的にモノは同じみたいですね。

baocamp.hatenablog.com

 
f:id:t4o0m0:20180628015330j:image

そしてセリアで特筆すべきアイテムはこのステンレス製のお皿ですかね。
左側にあるロゴが入っているタイプのものが特におしゃれで素晴らしいです。
ピカピカではなく、ちょっとつや消し気味の感じが良いですね!

しかもこれなんと日本製なんです!燕三条


f:id:t4o0m0:20180628015348j:image

プラスチック製ではありますが、こちらのマグカップも絶妙な色使いで良いですね。
セリアの小物はなんといっても色のオシャレさでしょうね。

どぎつい原色のものが無いので安心して買えますね。


f:id:t4o0m0:20180628015403j:image

アウトドアコーナーとは真逆の、
お店の奥の方にあるガーデニングコーナーに行くと
様々なカラーリング、柄のウィンドスピナーがありました!

以前に比べるとその種類がだいぶ増えましたね。
100円均一で買ったほうがはるかにコスパ高いですね。

 

ヴィレッジヴァンガード

www.village-v.co.jp

書籍と幅広い雑貨を扱っているお店です。

ちょっと陳列具合がドンキっぽいのですが、
扱っている商品がどれもこれもマニアックなものばかり…

bao的にはとても大好きなタイプのお店です。

 

f:id:t4o0m0:20180628015503j:image

ミリタリー色、男色の強いサブバッグ、ウェストバッグです。
芸人のヒロシさんとかを連想させるアイテムですね。


f:id:t4o0m0:20180628015522j:image

MERCURYのバケツに、小物入れ用のストレージボックスを見つけました。


f:id:t4o0m0:20180628015544j:image

軍もののようなデザインです。
素材はプラスチックのようです。

f:id:t4o0m0:20180628015535j:image

開けるとこんなかんじ。

金属製ではないので、中に金属的なものを入れてもコレなら大丈夫そうですね。

bao家はまだミリタリー色はないのでいらないかな…本当はほしいですが。


f:id:t4o0m0:20180628015605j:image

こちらはMERCURYのキャンバスオーバルバケツです。
左には小さなバケツもたくさんありますね。


f:id:t4o0m0:20180628015734j:image

カラビナが取っ手になっているステンレスマグが雑に置かれてました。

どうやらネットでも買えるみたいですね。


f:id:t4o0m0:20180628015747j:image

床にもMERCURYのバケツが。
あとから気づきましたが、左にはなんとドローンが売ってますね。


f:id:t4o0m0:20180628015807j:image

レトロなタイプのLEDランタンも見つけました。

f:id:t4o0m0:20180628015823j:image

あれ?Colemanの付録つきの本を見つけました。
こんなの売ってたんですね。

Coleman BRAND BOOK BLACK ver. (バラエティ)

Coleman BRAND BOOK BLACK ver. (バラエティ)

 

 
f:id:t4o0m0:20180628015837j:image

サコッシュや、アウトドア向けのお財布などが置いてありました。


f:id:t4o0m0:20180628015854j:image

セリアとかダイソーとかでも見かける折りたたみコンテナです。
こちらのカラーリングはまたポップですね!


f:id:t4o0m0:20180628015909j:image

スキレットに最近流行っているホーローのマグカップなど。
なぜか写真ボケまくりです。


f:id:t4o0m0:20180628015924j:image
こちらにもマグカップがずらり。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ヴィーナスフォートには他にも洋服屋さんや文房具屋さんなどもあり、
おそらくそれらの片隅に、アウトドアに使えそうなギアも
ひっそりと置いてあるような気がします。

が、今回はヴィーナスフォートに行く前にデックス東京ビーチに行ってしまい、
体力的に限界だったためこの3店舗で打ち止めとしました。

特にヴィレッジヴァンガードはお店の特徴もあり、
ワクワクするようなウィンドウショッピングが体験できていいですね!

また、セリアのアウトドアグッズのクオリティの高さにも脱帽です。

これからも定期的にウォッチしていきたいと思います!

※「WILD-1」店内写真レポをご覧になりたい方はこちらへどうぞ↓

 

baocamp.hatenablog.com

baocamp.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

【SHOP】ギアが大幅値引き中の横浜マイクスへ急げ!(2018/7/30マデ)

f:id:t4o0m0:20180715230155j:plain

みなさんこんにちは。baoです。

横浜にある「myx(マイクス)」が、
とってもオトクなメンバーズセールを開催していたため、
急遽、偵察に行ってまいりました。今回はそのレポートとなります。
(※ちなみにステマではありません。)

セール期間は2018/7/13~7/30まで開催しているので、
まだ訪れたことのない方はぜひ一度訪れてみてください!

 

「myx(マイクス)」について

「myx(マイクス)」は横浜市神奈川区栄町にある、
横浜駅最大級のアウトドア専門ショップです。

正式名称は、
「GOOD OPEN AIRS myX(グッドオープンエアズマイクス)」
と言うそうです。

こちらが公式サイトになります。↓

f:id:t4o0m0:20180715235044p:plain

(※公式サイト http://www.goodmyx.com/ より)

アウトドアに関するものならなんでも取り扱っているようで、
車のカスタマイズなども行っているようですね。
(見た感じ、トヨタと組んでいるのかな?)

実はbao家は今回訪問するのが初でした。
しかも店舗の存在を知ったのも実は最近でした…

おそらくすでに関東首都圏のベテランキャンパーさんにとってみれば、
「WILD-1」に次ぐ超有名アウトドアショップかもしれません。

 

アクセスについては、
基本的には横浜駅から徒歩約10分」になります。
若干不便な場所にありますね…

自家用車をお持ちの方であれば、
店舗内の駐車場を利用することができます。

 

会員限定の「SUMMER SPECIAL SALE」

そんな「myx(マイクス)」ですが、
この7月に会員限定のセールをやるとのことでして、
ちょうど7月はキャンプシーズンオフ
キャンプ欲に飢えて死にそうだったbao家の一時的なカンフル剤として
今回行ってみることにしました!

こちらがその公式サイトのキャンペーンページです↓

f:id:t4o0m0:20180715233252p:plain

うーん、
どんなアウトドアギアがどんなお得な値段で売られているのか、
これではまったくわかりませんね。

噂によると20%-30%引きはあたりまえの世界のようでして、
こうなったらもう直接現地に行ってこの目で見てくるしかありません。

 

会員になるには?(2018/7現在)

ただここで気になることが一つ。

「会員限定なので、会員加入をして入会金等支払った上での値引きなのか?」
という疑問が湧いてきました。

公式サイトを確認してみましょう。↓

f:id:t4o0m0:20180716000124p:plain

(※公式サイト http://www.goodmyx.com/service/card.php より)

どうやら会員になるためには、
「マイクスカード」
を作らねばならないようです。

そしてなんと、「マイクスカード」発行についての費用は0円!
さらに「入会金や年会費なし」とのこと。

さらにマイクスカードについて、

  • 100円で2ポイント貯まる。
  • 毎月最終日曜日はポイント2倍
  • 1ポイント=1円での支払いができる。
  • 毎週木曜日は店頭表示価格より5%OFF(セール開催時は除く)
  • 駐車場料金が1時間20分無料サービス

と結構いろいろお得な要素が揃っているようです。

さらにこの「マイクスカード」には、
「ゴールドカード」というものがあるらしく、

  • 年度のお買い上げ総額が30万円(税別)以上でゴールド昇格
  • 毎月最終日曜日はポイント4倍
  • 駐車場のご利用料金無料
  • ご来店ごとにB1レストランクリックスにてソフトドリンクサービス

と普通の「マイクスカード」よりもレベルアップしているようです。

30万だと、初期キャンプギアを1年で買い揃えたら…
行くか行かないかの金額ですね。まさに

 

bao家は今回が初訪問なので、
「なにか欲しいギアがあったら、
その場で会員になって、
お得なセール価格で買ってしまおう!」
というスタンスで臨むことにしました。

 

いざ「myx(マイクス)」へ

f:id:t4o0m0:20180715230310j:plain

ではさっそく店内写真レポートの始まりです!

 

f:id:t4o0m0:20180715233637p:plain
(※公式サイト http://www.goodmyx.com/about/floor.php より)

 

アウトドアギアが密集しているのは主に1Fになります。

1Fは大きく3つのフロアに分かれており、
今回の写真レポートはこの「アウトドアギア」部分にフォーカスした内容となっています。

 

アウトドアギアコーナー

ここからは写真たちと駄文が続きます。
文章に興味がないかたは写真だけ流していただければと思います!

まずは左側の入り口から入店します。

 

f:id:t4o0m0:20180715231019j:plain

どうやら新しいキャンプ場がオープンするようですね。
テントサイトよりもロッジがメインなキャンプ場ですね。
ドッグランがとても広大なのが気になりました。

 

f:id:t4o0m0:20180715230801j:plain

アウトドアテーブルたち。
こうしてみてみると、「WILD-1」とはちょっと品揃えが違いますね。

最近流行りの木製のロールテーブルがとても多く、しかも20%引きです。
でもハイスタイルが多いですね。

 

f:id:t4o0m0:20180715230811j:plain

こちらもテーブルとベンチ、キャンプ椅子が
メーカー問わずズラッと並べられています。

 

f:id:t4o0m0:20180715230822j:plain

完全に試させる気のない置き方のコットたちと、
「WILD-1」でも見かけた、NEMOのハンモック的なキャンプ椅子。
座ってみましたが、やっぱり落ち着きませんでした(笑)

 

f:id:t4o0m0:20180715230901j:plain

こういうイス、昔よく海沿いの宿泊所とかで見ましたよね?
色はこんなモノトーンじゃなかったですが。

 

f:id:t4o0m0:20180715230937j:plain

男!な感じのコンテナたちです。
持ってみると意外と軽かったです。

 

f:id:t4o0m0:20180715231303j:plain

入り口では堂々とテントを2つ展示していたのは「ムラコ」。
国産のメーカーだそうです。

はじめ「m」だけだったんで、
なんていうブランド名かわかりませんでした。

www.muracodesigns.com

f:id:t4o0m0:20180715231315j:plain

ギアの色合いがモノトーンすぎて、
ファミキャンと言うよりもう男のソロキャン専用といった感じですね。

いや、とにかく男子から見たらカッコいいです!

 

f:id:t4o0m0:20180715231325j:plain

この中でちょっと気になったのが写真右上にあるペグハンマー。
これどうやって使うの?って感じの形状してました。

web.goout.jp

f:id:t4o0m0:20180715231334j:plain

こういうの憧れますが、

子供たちがファミキャンを卒業したらですかね。

 

f:id:t4o0m0:20180715231345j:plain

こちら3-4人用のテントです。

結構天井が高かったです。

 

そしてココからメインのキャンプギアコーナーです。

まずは入り口から右から左へあたりを見回してみましょう。

f:id:t4o0m0:20180715232023j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231908j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231920j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231930j:plain

ぱっと見るだけで、
「WILD-1」とは若干品揃えの方向性が違うなーという感じがしますね。

 

ここから先はずっと細々したギアの写真たちが続きます。

ちなみにこれ、すべて割引になりますからね!

ちょっとかわった「チラシ」だと思って写真の隅々まで見ていってください。

 

f:id:t4o0m0:20180715232342j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232352j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232402j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232413j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232422j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232432j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232444j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232455j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232506j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232517j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232527j:plain

テントコーナーです。

実はテント関連の写真はこの一枚だけですが、
ぱっと見ると得体の知れないテントが結構並んでいて、
しかもすべて20%割引です!

 

f:id:t4o0m0:20180715232536j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232546j:plain

このシェラカップは何の刻印もない無地で900円ほどでした。
もちろん割引がききます。

 

f:id:t4o0m0:20180715232556j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232610j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232621j:plain

CHUMSのシェラカップが無造作に積まれている…

 

f:id:t4o0m0:20180715232633j:plain

NEMO多いですね。

montbellなんてぜんぜん出てきません(笑)

 

f:id:t4o0m0:20180715232644j:plain

ギア、サンダルなどを入れるメッシュのバッグが雑然と置いてありました。

 

f:id:t4o0m0:20180715232654j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232704j:plain

真ん中の円柱状のものはハンモックです。おしゃれですね!

 

f:id:t4o0m0:20180715232714j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232723j:plain

これは何に使うんだろう…?

 

f:id:t4o0m0:20180715232733j:plain

今の季節の大事な見方、虫よけコーナーです。

 

f:id:t4o0m0:20180715232746j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232757j:plain

このCHUMSのコンテナほしい!
全種類欲しい!

 

f:id:t4o0m0:20180715232807j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232817j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232826j:plain

薪を持ち運ぶためのバッグだそうです。

 

f:id:t4o0m0:20180715232838j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232858j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232908j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232920j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232930j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232943j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232954j:plain

f:id:t4o0m0:20180715233005j:plain

f:id:t4o0m0:20180715233014j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231525j:plain

こんなソフトクーラー初めてみました。
もはやどこのメーカーのものかまったくわかりません。

 

f:id:t4o0m0:20180715231633j:plain

これらもクーラーなの、かな?

 

f:id:t4o0m0:20180715231547j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231535j:plain

f:id:t4o0m0:20180715231706j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230548j:plain

サバイバルナイフコーナーですね。

 

f:id:t4o0m0:20180715230600j:plain

 

ここからはお買い得品コーナーです。

f:id:t4o0m0:20180715232149j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232201j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232211j:plain

f:id:t4o0m0:20180715232225j:plain

手前の鮮やかなオレンジや青のケース、
子供の絵の具の水入れに使えそうですね!720円(値引前)でした。

 

ウェア・キッズコーナー

f:id:t4o0m0:20180715231143j:plain

ウェアコーナーです。

このテントはいったいどこのテントなんだ…??

 

f:id:t4o0m0:20180715231158j:plain

ウェアコーナー全景。
写真これだけです(笑)

 

続いてキッズコーナー。

f:id:t4o0m0:20180715230609j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230619j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230630j:plain

f:id:t4o0m0:20180715230639j:plain

はい、これがキッズコーナー全景です。
手抜きですいません!

 

さいごに

いかがだったでしょうか?「myx(マイクス)」。

この記事を投稿しているのは2018/7中旬なので、
まだセール終了まではあと約半月残っています。

「普通の王道メーカーのギアよりも
ちょっと変わったメーカーのものも見てみたい!」

というニーズにピッタリマッチしたお店だと思うので、
外に出る事自体が拷問なこの夏の暑い時期に、
あえてキャンプ欲を高めるためにみなさんも訪れてみてはいかがでしょうか?!

 

f:id:t4o0m0:20180715230420j:plain

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ